【信州サーモン】食べて健康、サーモンパワーで美容効果アップ

関連記事

English page

信州のプレミアムな特産魚

食べて健康、サーモンパワーで美容効果アップ

信州サーモンとは

海を持たない信州では、昔から川魚が貴重なタンパク源でした。千曲川や木曽川、天竜川といった河川、またその支流から流れる豊かで清らかな水で淡水魚を育んできました。

また、ニジマス、イワナ、ヤマメ、信州サーモンなど、マス類の生産量は全国一(*1)と養殖業も盛んです。
そのような風土の中で長野県水産試験場が約10年かけて開発し、種苗生産や養殖を行うために水産庁に申請したマス類の新しい養殖品種です。それが信州サーモンです!

信州サーモンは、最新の技術により「ニジマス」のメスと「ブラウントラウト」のオスを交配し、両者の良いところを受け継いだ銀色の身体がサーモンを思わせることから名付けられました。

信州サーモンの効能

信州サーモンの効能は、アスタキサンチンは体の活性酸素を除去してくれるだけでなく、メラニンの生成を抑制するといった美白効果もあります。

高タンパクで低脂肪、低カロリーであるヘルシーな食材です。

ASEAN諸国へ向けて輸出します!

もちろん、国内での販売も日々拡大中ですが三大都市圏と長野県内の飲食店や
土産でお持ち帰りの出来る信州サーモンの加工品がお買い求めいただけます。

ASEAN諸国でのサーモンは日本と同様にノルウェーサーモンやチリトラウトサーモンが市場の大半を席巻してます。
サーモンは種類により味や成分が異なります。

需要は年々増加して大人気な魚になりました。回転すし店での人気はマグロを抜いて1位となり子供から大人まで幅広く利用されてます。海外でもサーモンの人気は1位です。タイ人はサーモンが大好きらしいです。

そして信州サーモンは、他のサーモンと比較して養殖魚の優等生になりました。

信州サーモンの味と食感

 ・淡水魚特有の臭いがほとんどない。
 ・きめが細かく、舌触りがよい。
 ・脂のりが適度である。
  など高い評価をいただいてます。

サーモンの食べ方は刺身、寿司が主流で低価格での流通を余儀なくされてるため回転すし店やサーモン丼で味わうことがポピュラーな食べ方で案内されてます。
しかし、信州サーモンは刺身や寿司以上の美味しい食べ方がご案内できることに
なりました。

信州サーモンの魅力はオンリーワンです

信州サーモンの三つのメリット!

 1.サーモンから栄養を摂取して健康増進
 2.病気にも強く安定供給が可能で安心できる使用と提供
 3.刺身、寿司、ローカル食以上の新メニューの味と食感で食欲増進する

オリジナルなメニューをご提案できます

信州サーモンのお勧めの食べ方は、フライパンで皮目に強火で焦げ目を付けて〇分間焼くことで熱がじわりと身に伝わりミディアムレア状態になります。

その身の食感は、炙りやローストの食感ではなく信州サーモンの肉質を最大に低温調理の「火の入った生」をオーブンを使ってシンプルに仕上げたものになりました。

食感は口の中に入れると「しっとり軟らかく溶ける」感じです。

お問い合わせはこちら