Topics

【信州サーモン】長野県安曇野市の養殖場へ行ってきました。

長野県安曇野市は信州サーモンが2004年に誕生した水産試験場がある場所です。

安曇野は環境が良く空気がきれいな場所、その土地から眺望する長野県の山々は2,000~3,000m級で、その清冽な伏流水が信州サーモンを育てる水になります。

株式会社辰巳は長野県での養殖量は全体の一割を超える有数な養魚場です。

訪れた日は、まだ1㎏にも満たない魚がたくさん泳ぐ網に囲まれた池があり、周りからの天敵から守られていた。

その隣の池ではおよそ2㎏前後の信州サーモンが泳ぎその体はとてもきれいに見えてる。
信州サーモンとニジマスがのびのびと泳ぐ情景は見事なものだった。


信州サーモンはコロナ禍の中で消費が鈍い時期もあったが養殖業者が努めて養殖してはいたが一時的な信州サーモン不足現象が起きているようだった。
 
プレミアムな長野県を代表する信州サーモンはお客様に”美味しいサーモン”をお届けします。
コメントは利用できません。